コラム・ニュース

【就職エージェント通信Vol.5】本当にあったこわ~い話【就活編】

こんにちは。はじめましての方もいるかな!
就職エージェントの小澤(オザワ)です。

2018年の最初の1ヶ月が経過がしようとしますね。
直近では関東に4年ぶりの大雪警報が発令しました。
そして、インフルエンザやノロウイルスと寒い時期は厄介な病原菌がウヨウヨしてるので
日頃から「うがい・手洗い」を心掛けて、自分の身は自分で守ろう!!

今回は就活で起きた、こわ~い事例をシェアさせて頂きます。

※定期的に、弊社ご登録の皆様の就職活動に
お役立て頂ける情報を発信していきます。

本当にあったこわ~い話「大手企業の見えづらい採用の闇」

この数年で就活のリズムがとんでもなく変わってきましたね。

現在は大手ナビサイトは3月から採用情報の解禁(エントリー開始)かな?
以前は3年の10~12月にナビサイトが解禁されたので、そこは遅くなりましたね。

その分、インターンを行う企業様が年々増加しているという現状で、
経団連に加入している大手企業の選考は変わらず6月からとなっています。

私が在籍していた大学は、日本ではかなり知名度の高い体育大学でした。
頭は悪くても体育会系、学内での説明会などは知名度抜群の大手企業が多くきていました。
その中には勿論、6月から選考解禁の企業も多く見られました。
そんな大手企業の人事から言われた一言…。
「もし興味を持って、受けるならこの名刺の番号に電話して。6月に最終から始めるよ。
ただ出来たら、他の企業は受けてほしくないな~笑」

大手とはいえ、水面下で早めに目星をつける企業は多くあります。
なので、早めに準備をして動いておく。それが大切になってきます。

本当にあったこわ~い話「安定業界って何…?」

私が以前に担当した学生Aくん。
「金融業界しか興味はありません!!
なぜなら大手バンク系は潰れることは可能性はあまりないので、安定業界ですから」

そして数年、大手銀行系が大幅な人員削減を発表。
現在は不安があることから、転職を決意…。
業界の安定性を見たいのであれば、しっかりと業界の推移などの情報をキャッチアップするのが大事。

困ったことに、新卒の時期に同業界しか見ていなかったことから
転職活動は少し苦戦。
「もっと他の業界や企業をまずは見てから判断して、受けるか決める。
就職活動はそのような動きをとっておけばよかったです」と、弱音をポロリ。

「安定企業」から「内定」を取るためには?

何でこんな話をしたかと言うと、出来たら心掛けて欲しいポイントがあるからです。

・会社の大小問わず、早い時期で(水面下含めて)選考をスタートしている企業が多く存在します。
大手企業を目指すのは賛成します。ただそこでしっかり内定を取るためにもしっかり他の企業も受けておこう。
(※18年卒の方でも、6月大手解禁に初めて選考に挑戦し、動き出しが遅れる学生も多数)

・イメージだけで動くのは危険です。業界の業績などまで情報を取得するのが大事
(※上場企業はIR情報から読み取ろう!見方は下記バックナンバーからVol.3を見てください)

・就活は日本にある様々な業界に触れるチャンスでもあります。
ネームバリューだけではなく、聞けるチャンスが有ればどんどん聞けるチャンスを取りに行こう。

・あくまで、就職活動はゴールではなくスタートです。
自分がどう成長していきたいか、企業の価値にのっかるのではなく自分に価値をつけていこう。

このページの一番上に戻る