コラム・ニュース

【就職エージェント通信Vol.10】「早期退職率30%」どう感じるか…。

こんにちは。
就職エージェントの小澤(オザワ)です。

3月が始まりました!!
大手就活ナビサイトが情報を解禁し、就活も本格的に始まりましたね!!
中には解禁した直後に50社以上のエントリーを済まして、メールが大量受信…。
「メールの確認だけで1日が終わってしまいました」なんていう、後悔の声もチラホラ。

もっと効率的に就活をするためには、「スケジュール管理と自己分析」これに限りますね!!

本日は日本の離職についてを記事に致します。
新卒の3年以内の離職率は「3割超え」という現実を知っていますか??
何故、初めて入った企業を辞めてしまうのか、その理由から、皆さんの就活にどう活かせるかをまとめました!!

新卒の3割が3年以内に離職…

近年、新卒の離職率が3年で3割と言われております。

単純に考えると、考えられないですよね。
皆さん想像してみてください。

中学に入学したときに、同じクラスに30名も居たのに
中学卒業するときには、10名近くの退学者が…。

恐ろしいですよね、ただこれは現実です。
自分が「イイね」と思った企業であっても、ミスマッチが生じて離職なんてことも。
では、何故3年の内に3割の方が離職をするのか見ていきましょう。

結局、離職懸念は...

では、離職懸念を見ていきましょう!!

1位:労働時間・休日・休暇の条件
2位:人間関係
3位:仕事内容が合わない

上記となっております。

やはり「働き方」という部分で早期で退職をする方が割合的に多くなっております。

入社する前は、「憧れの○○業界」と意気込んだものの、
3位には仕事内容が合わない。という理由で離職する方が多発…。

過去の離職理由から…。

就職活動において大手に入ること、なども大事になりますが。
どれだけ大手企業でも、辞める方は労働時間や人間関係や業務内容なんです。

なので、皆様は企業を見る「目」を鍛える必要があります。

労働条件は勿論、実際に働いている方の生の声を聞くなど
入社して、実際に自分がどう仕事に関わっていけるのか。

その分、大手と中小では見方を変えれば、どちらのメリット・デメリットがありますよね?!

大手→まずは会社の1つの歯車になって、安定した基盤の上でコツコツ自分を磨いていくか。
中小→自分自身が歯車を作る人材として、責任のある仕事を早い段階で任せられるか。

これは、「BtoC」「BtoB」の企業様も同じことが言えますね!!
あくまで就活は内定がゴールではなく、スタートです。

せっかく、スタートラインについたのにすぐに転んでしまわないためにも
企業とのミスマッチを減らそう!!
そのためには、どんどん情報を手に入れるのが大事!!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
※※(追加開催決定)スペシャルイベント告知※※
理工学系学生(機械・電気電子などに付随する学科)限定のオススメ合同説明会!
限定40名のみのプレミアムイベント、残席僅か!
※12月・1月・2月のイベントは大盛況(キャンセル待ちが続出)

日時:3/23 9:00~19:30
https://www.rikei-agent.jp/lp/event/
交通費・宿泊費の支援あり(最大5万円?!)

大事なのは情報量です。
情報量を担保する方法は様々ですが、自らキャッチアップをしようとしなければ入ってきません!!

自分以外の就活生は言い方を変えれば「ライバルであり敵」です。
ライバルに負けないためにも、自分ができることは何でもしていこう!!

このページの一番上に戻る